059-340-4440完全予約制 ※施術中電話に出られない場合、07084152323(ハヨイコフサフサ)から折り返します。

|営業時間|10:00~18:00 |定休日|不定休

Columnスーパースカルプ四日市駅前店
の発毛コラム

ホルモンバランスの乱れによって起こること…

2022.05.12

女性ホルモンは毛細血管を拡張させ、毛髪の成長を促す働きがあります。

そのため、ヘアサイクルは長くなります。

妊娠中の方は、女性ホルモンの分泌が増えヘアサイクルが長くなり、抜け毛が減ります。

ところが、出産後は、ホルモンバランスが戻り寿命をのばされていた毛髪は、いっきに移行期から休止期を迎えるため、たくさん抜けることがあります。

これは、出産によるホルモンの変化が一時的に影響を与えたもので、普通は、徐々に回復していきます。

その他にも、女性の薄毛は原因が色々!!

加齢の変化は休止期の毛の割合が増え、成長期が短くなるために、頭全体の髪が減少します。

また、髪が細くなったり、地肌が見えやすくなります。

加齢変化として皮脂分泌が減少し、髪のツヤ、ハリがなくなり、髪がぺしゃんこになって地肌が目立ったり、抜け毛が気になることも。

女性には、男性ホルモンが少ししかないので、男性ほど毛が抜けることはありません。

抜け毛に影響するのは、普段あった女性ホルモンのエストロゲンが下がってしまうからです。

女性ホルモンが下がることでほかにも気を付けないといけないことがあります!!

それは、男性に比べて骨が弱くなることで骨粗しょう症の割合が高くなるからです。

その原因も女性ホルモンがさがることが原因とされています。

ホルモンのせいで、男性は、髪が薄くなり女性は骨が弱くなる!!

抜け毛や薄毛が気になった時はいろんな原因があるので、何が原因かを考えることから始めてみてください!

ページトップへ戻る