059-340-4440完全予約制 ※施術中電話に出られない場合、07084152323(ハヨイコフサフサ)から折り返します。

|営業時間|10:00~18:00 |定休日|不定休

Columnスーパースカルプ四日市駅前店
の発毛コラム

フィナステリド

2022.05.12

内服薬のフィナステリドの作用

弱い男性ホルモンであるテストステロンをもっと強力な男性ホルモンであるDHTに変える働きをする酵素に5αリダクターゼ。

5αリダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型の2種類

男性型脱毛症の治療としてガイドラインですすめられているのが、【フィナステリド】があります。

フィナステリドは5αリダクターゼの阻害剤です。

基本的には、テストステロンとよく似た構造を持っていて5αリダクターゼⅡ型をテストステロンと奪い合う形で酵素を阻害します。

この酵素の阻害効果によって、テストステロンがより強力なDHTに変換せれるのを抑える効果を持ちます。

【フィナステリド=毛生え薬】と誤解されやすいこともありますが誤解されやすいので注意が必要です。

内服薬フィナステリドの使い方と注意

20歳以上の男性における男性型脱毛症のみに使用

女性対応ではありません。

錠剤としては0.2mgと1.0mgの2種類の錠剤」が販売されています。

効果

日本の臨床試験では、

1日1mgを48週間内服すると58%、3年内服すると78%とやや改善とでています。

見かけ上に効果がわかるまでには、通常6か月とも言われ、

また、効果持続のためには、継続的な服用が必要とされています。

だいたい、内服を開始してから3か月で抜け毛が減ったなどの効果が感じられていることが多いです。

お薬を使われる際には、クリニックでの相談のもとお使いになることをおすすめします。

ページトップへ戻る