059-340-4440完全予約制 ※施術中電話に出られない場合、07084152323(ハヨイコフサフサ)から折り返します。

|営業時間|10:00~18:00 |定休日|不定休

Columnスーパースカルプ四日市駅前店
の発毛コラム

シャンプーを知って見直そう!!

2022.02.17

美髪には頭皮ケアが大切

頭皮は直接見えないので、ケアを怠りがちです。

しかし抜け毛を予防し、美しく健やかな髪を育てるためは、なんといっても頭皮環境が重要です。

そこで、まず、シャンプーの種類を知っていただき今お使いのシャンプーを見直してみて下さい。

シャンプーの種類

  • アミノ酸系シャンプー
  • 高級アルコール系シャンプー
  • 石けん系シャンプー

アミノ酸系シャンプー

ミノ酸系のシャンプーとは、アミノ酸系洗浄成分をメインに配合したシャンプーのこと。

洗浄力がマイルドで低刺激なので、頭皮や肌に優しいのが特徴です。いま最も注目を集めているシャンプーです。

肌と同じ弱酸性で、洗い上がりの髪のきしみも少なく潤いのある仕上がりが特徴です。

また、必要以上に皮脂を取りすぎない洗浄成分なので、頭皮や髪が乾燥するという悩みをもつ方にもおすすめです。

高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系シャンプーとは、高級アルコール系洗浄成分を配合したシャンプーのこと。

泡立ちがよくて、洗い心地がいいのが特徴です。

洗浄力や脱脂力が強めなので、オイリー肌で頭皮と髪がベタつきやすい方におすすめです。

爽快感があり、洗い心地が良い一方、頭皮環境の改善や、髪のダメージを修復するのに不向きなシャンプーです。

せっけん系シャンプー

せっけん系シャンプーとは、石鹸系の洗浄成分を配合したシャンプーのこと。

洗浄力と脱脂力が強めなので、スッキリさっぱり洗いたい方におすすめです。

洗い上がりの髪がきしみやすく石鹸かすが残りやすい特徴があります。

クエン酸系のコンディショナーと併用することで、洗い上がりのキシキシ感、石けんカスが残ってしまう問題を解消することができます。

肌質からの選び方

乾燥肌の方は、シャンプーによって頭皮の皮脂を取りすぎない優しい洗浄成分をメインに配合したものがおすすめです。

強い洗浄力をもつ洗浄成分を配合したシャンプーは、頭皮を乾燥させる原因になります。

脂性肌・オイリー肌

脂性肌の方は、適度な洗浄力をもつ洗浄成分を配合しているシャンプーを選ぶといいでしょう。

皮脂を取り除くことだけを考えると、洗浄力が強いシャンプーを使うという選択肢もあります。

しかし、髪の乾燥・パサつき、ヘアカラーの色落ちなどの原因になることも。

適度な洗浄力を持ちつつ、髪への負担が少ない洗浄成分をお選び下さい。

  • ラウレス-4カルボン酸Na
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルタウリンNa  など

敏感肌

敏感肌の方は、低刺激な洗浄成分を選ぶことが大切です。

敏感肌の方が刺激の強い洗浄成分を使うと、頭皮の乾燥やかゆみ、赤みを引き起こす原因になることもあります。

刺激となるような成分が配合されていないか成分表をチェックすることも大切です。

髪質から選ぶ

くせ毛・・・せ毛の方は、髪を柔らかくする作用のある植物オイルを配合しているシャンプーを選ぶといいでしょう。

猫っ毛・・・

猫っ毛の場合、低刺激な洗浄成分を配合していてノンシリコンのシャンプーを選ぶ

シリコンは、手触りを良くする効果がある優秀な成分ですが、髪に蓄積するとベタつきの原因になることもあります。

髪がペタンとボリュームダウンするという猫っ毛の一番の悩み。ノンシリコンがおすすめです。

剛毛・・・剛毛の方は、アミノ酸洗浄成分+植物オイルの組み合わせのシャンプーを選ぶといいでしょう

植物オイルには、髪を柔軟作用があり、剛毛も扱いやすい柔らかな髪になります。

頭皮と髪の悩みから選ぶ

フケ

頭皮のフケが悩みの場合、低刺激な洗浄成分をメインに配合していて、頭皮ケア成分であるグリチルリチン酸2Kを配合したような薬用シャンプーがおすすめです

頭皮の臭い

頭皮のニオイは、過剰に分泌された皮脂やフケを餌にして雑菌が繁殖し、ニオイを発生させることが原因です。

低刺激な洗浄成分を配合し、頭皮ケアに関係する薬用有効成分を配合したシャンプーがおすすめです。

頭皮ニキビ

頭皮ニキビの原因は、皮脂や古い角質が毛穴をふさぎ、毛穴の中に皮脂が詰まります。皮膚の常在菌であるアクネ菌が皮脂や古い角質を栄養にして増殖。そして、炎症を起こすことでニキビとなるのです。

低刺激な洗浄成分を配合し、抗炎症成分を配合している薬用有効成分を配合したシャンプーがおすすめです。

抜け毛

抜け毛が気になる方は、地肌への刺激が低い洗浄成分をメインに配合し、抗酸化作用や血行促進作用のある成分を配合していシャンプーがおすすめです。

血行促進及び細胞活性化に関係する成分をチェックすると良いでしょう。

白髪

白髪が悩みの場合、白髪に効果があるとされる「血行促進に関係する成分」を配合したシャンプーがおすすめです

エイジング毛

年齢を重ねるにつれて髪の乾燥・パサつき、うねりなどの髪質変化を感じている方には、アミノ酸系シャンプーで髪にハリコシを与える成分キューティクルケアする成分配合しているシャンプーがおすすめです。

ダメージ毛

ダメージ毛の場合、毛髪補修成分を配合しているシャンプーがおすすめです。毛髪補修成分

毛髪の外部に作用し、ツヤを与えたり、ハリコシを与える成分です。

ページトップへ戻る